忍者ブログ
ゲーム動画とかhttp://zoome.jp/yokai/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めて日本が世界へアピールする作品かもしれません。
来年公開だそーで とても楽しみです。
反日メディアはこれにほとんど触れません☆


「南京事件はあったが南京大虐殺は存在しない」が定説になってる
現在で この映画は最初の反攻と言えるでしょう。

中国も対抗したのか 中国人監督の映画「靖国」が公開予定らしく。
こっちの方は日中共同制作と銘打ってますけど
中身は中国の国民たちが無慈悲に殺されまくってると予想します。
どれだけ無茶な内容か 逆に楽しみですねー☆



毎年 終戦記念映画とかドラマとかやってるけど
どれも「悲劇」を前面に出した作品です。
6億円かけて作った男たちの大和も
フタを開ければ 終戦記念TVドラマと一部も変わってなかったし。
EDの長渕の曲だけよかったかな( ´-`)


アメリカは兵士の活躍や悲劇を描くのに対して
日本は兵士の悲惨さのみ取り上げてる。
軍事主義国日本が嫌がる国民を無理やり戦場へ行かせたって
メディアのイメージの植え付けはもうお腹いっぱいです。


アメリカの占領時 情報規制により
日本の活躍やいいところはすべてと言っていいほど遮断されました。
それはいまも続いてると思います。


そろそろ封を切って 歴史の真実を知ってほしいものです。
間違った歴史認識に終止符を!!!ヽ(`Д´)ノ


とりあえず 韓国と中国にNOと言える政治家がほしい・・・




ついでにニコニコも上げてみる(ノ);ω;(ヾ)



おまけが大変笑えます☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おつ!
日本を見直した。
カロル 2007/12/15(Sat)23:07:51 編集
無題
見直すがいいです(`・ω・´)

名言集は6-7あたりの遺書が泣ける(´;ω;`)
2007/12/16(Sun)15:46:28 編集
無題
「天国で待っています。
できるだけ長く待たせてください。」

泣いた
カロル 2007/12/16(Sun)17:53:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
フレッシュ斉藤・釘・Mrチャンドラ
性別:
男性
職業:
火皿
趣味:
嫌がらせとか
自己紹介:
ファンタジーアースゼロやってます。
A鯖カセドリアに在住 
部隊:武侠!トマト組

アンチ匿名掲示板★
アクセス解析
アクセス解析
最新コメント
(04/06)
(04/05)
(10/24)
(10/23)
(10/08)
バーコード
ブログ内検索
任侠!トマト組 映画「南京の真実」 Produced by フレッシュ斉藤・釘・Mrチャンドラ
黄昏 Designed by ブログテンプレート がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
free pictures